Travel

これで入国審査も安心!ダミーチケット0円【航空券】の簡単な作り方

【結論からご案内】ダミーで購入した航空券を0円でキャンセルする方法があります。

こんにちは。今回は、観光で海外渡航する際に原則、入国する時点で必要となる帰りの航空券(観光で訪れた国から出国する航空券)を0円で作成・キャンセルする方法をご紹介します。

「帰国する時期は決めているけど、詳細の日にちは現地で決めたい」「せっかくだから近隣国も観光してみたい」など、フレキシブルな海外旅行を楽しむために活用してください。

当然、オーバーステイは違法です。

ダミーチケットとは

渡航先の入国審査(イミグレーション)を通過するためには、帰りのチケットや他国に出国するチケット「以下リターンチケットという」が必要です。

ダミーチケットとは、イミグレーションを通過するための仮のリターンチケットです。

筆者の経験上、すべての入国審査ですべての入国審査員がリターンチケットの提示を求めるわけではありません。

仮に入国できたとしても、ラッキーだったというだけです。提示を求められた際は、拒否することはできません。

必ずリターンチケットは持参しましょう。

ダミーチケットの作り方

チケット作成には、ANA公式アプリを使います。

android版はこちらでダウンロード
iPhone版はこちらでダウンロード

パソコンのホームページでも出来ますが、今回はスマホアプリを使用していきます。

今回は、実際にベトナムに渡航した時に作成したチケットを例にご紹介していきます。

 

step
1
アプリを開く

アプリを起動したら、「航空券予約」に進みます。
ログインなしでも購入することができます。

 

 

step
2
必要事項を入力

  1. 「国際線」「片道」と進み。
  2. 「出発地」「到着地」「出発日」を入力します。
  3. 「クラス・運賃」をエコノミー(変更可型)を選択。*重要箇所
  4. 「人数」を入力する。

 

step
3
フライトを選択

  1. 出発日の確認画面を「次へ」をタップ。
  2. フライト時間をタップする。

 

 

step
4
運賃タイプを選択

  1. フライト時間をタップ後、下にスクロールします。
  2. 「運賃タイプ」を払い戻し可(手数料なし)を選択*重要箇所
  3. 「次へ」をタップ。
  4. 「会員以外の方」をタップ。

 

 

step
5
搭乗者情報を入力

  1. 搭乗者情報の入力
  2. 「氏名」
  3. 「生年月日」
  4. 「性別」
  5. 「国籍」
  6. 「電話番号」
  7. 「メールアドレス」
  8. 「次へ」をタップ
  9. オプショナルサービス画面は無視します
  10. 「次へ」 をタップ

 

 

step
6
支払いをする

  1. 支払い情報の入力「クレジットカード」
  2. 内容を確認して同意にチェックする
  3. 購入ボタンをタップ
  4. 登録メールアドレスに「E-チケット」が届きます

いかかでしょうか!5分もあれば作成できる内容です。

このダミーチケットは、遅くても日本の出発前日までに作成しましょう!

これで日本出国時や渡航先の入国審査でリターンチケットの提示を求められても安心です。

入国審査を通過したら忘れずに予約をキャンセルします。

step
7
払い戻し

  1. アプリ予約照会画面から「解約」をタップ
  2. 解約完了メールが届きます
  3. 後日、正式は払い戻し金額のメールが届きます

 

注意点をご紹介

払い戻し手数料が無料になる予約席は、通常プランより高額な値段設定になっています、今回のダミーチケット作成の手続きを失敗したら「どうしよう」と若干ネガティブになりましたが、上手く出来ました。

注意点は2つです。

注意点

  1. イミグレーション通過後にダミーチケットの解約を忘れないこと
  2. クレジットカードで支払いをした場合、使用したカードの締日より前に払戻し(解約)をするとスムーズです。締日をすぎてからの解約は、手続き上、一旦支払いが成立して翌月以降に払戻しがされるようです。

注意ポイント

上記注意点2番目のクレジットカードの支払い・払戻し時期の内容については、筆者の使用しているカード会社に問い合わせた結果です。
詳細につきましては、皆さんの使用しているクレジットカード会社に直接お問合せください。

ダミーチケットのまとめ

いかがでしょうか。各国、各地域の入国審査の方法は、その国の経済状況や世界情勢によって変化していきます。いつも確認されないから大丈夫だろうなど油断禁物です。

今回、払い戻し(キャンセル)のお試しをしましたが、後日ANAのフライトを利用させていただきました。

スポンサーリンク

-Travel
-,

© 2021 Cheers to travelsときどきグルメ